金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1086

投稿日:

御言葉メール1086

2021年7月17日

「兄弟に対して怒る者は、だれでもさばきを受けなければなりません。兄弟に『ばか者』と言う者は最高法院でさばかれます。『愚か者』と言う者は火の燃えるゲヘナに投げ込まれます。」(マタイの福音書5章22節)


これはイエス・キリストが旧約聖書の十戒を取り上げ語ったところである。
第六戒の「殺してはならない」という戒めを、当時のユダヤ人は、殺人さえ犯さなければ律法に抵触しないと考えていた。

だがイエスは殺人という行為だけでなく、他人に対する怒りやさげすみ(すなわち心の中の問題)もまた罪を犯すことであり、同等のさばきを受けなければならないと言われた。

律法は殺人を禁じているが、その本来の意図は、積極的に人間関係の破綻に和解をもたらすこと(23-24節参照)、すなわち相手を生かすことにある。

そしてこれらの教えが私たちに突きつけるのは、私たちが罪人であり、罪を犯さずには生き得ないものであるという事実である。

感謝なことに、私たちの主イエス・キリストは、このように己の罪を知る者こそ幸いな、天の御国に入ることが出来る者だと言われる(3-10節)。何故なら、イエスは律法の目指すところを自ら実践し、その要求を完全に満たし、罪人に課せられる刑罰をも受けて(十字架)律法を成就されたからである。

神の律法が私たちに罪を教え、救いを求めさせ、イエス・キリストへと導くのである。

 

 

 

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.