金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1124

投稿日:

御言葉メール1124

2022年4月23日

「天の御国は畑に隠された宝のようなものです。その宝を見つけた人は、それをそのまま隠しておきます。そして喜びのあまり、行って、持っているものすべへを売り払い、その畑を買います。」(マタイの福音書13章44節)


信仰の価値とは何なのか?
信仰は直ちに病を癒さない。国家間の紛争を終わらせたりしない。人々を貧困や苦しみから必ずしも救い出さない。
信仰は、単なる心の拠なのだろうか?
それは隠された宝のようなもので、多くの人の目に今は隠されている。

主イエスは一連のたとえ話の中で世の終わりの審判について、その時善人と悪人は選り分けられ、その処遇が決定的に異なることを明らかにされた(24-30、36-43、47-50節)。
信仰により、イエス・キリストの十字架の贖いによって全ての罪を赦され、神の義を賦与された者の幸いは如何程であるか。
全ての罪人に定められた神のさばき=燃える炉(13章42節)=ゲヘナ(10章28節)=永遠の嫌悪(ダニエル12:2)を回避できるのみならず、神の国でキリストと共に栄光を受けるのである(13章43節)。

主イエスは言われた。「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分のいのちを失ったら何の益があるでしょうか。そのいのちを買い戻すのに、人は何を差し出せばよいのでしょうか。」(マタイの福音書16章26節)
持てる全てを投げ売ってでも得るべき宝、しかし、決して人は自分で買い戻すことが出来ない永遠のいのち。信仰によって私たちが得るものは、他に代えがたい価値を持っているのである。

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.