金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1134

投稿日:

御言葉メール1134

2022年7月3日

「すると、即座に主の使いがヘロデを打った。ヘロデが神に栄光を帰さなかったからである。彼は虫に食われて、息絶えた。」(使徒の働き12章23節)

ヘロデと呼ばれる人物は、新約聖書に少なくとも3人出てくる。
傀儡王でイエスの降誕の時、東方の博士らの訪問を受け、イエスを殺そうとしたヘロデ大王(マタイの福音書2章)、イエスの公生涯にガリラヤを統治していた国主で、ヘロデ大王の息子、バプテスマのヨハネの首をはねさせたヘロデ・アンティパス(マタイの福音書14章1-12節)、そして上記の、十二弟子のヤコブを殺しぺテロを拘束した(使徒の働き12章1-5節)、ヘロデ大王の孫に当たるヘロデ・アグリッパ一世である。

このヘロデは、わずかの期間ローマ総督を退けユダヤの王となったが、演説中、彼におもねる者たちが「神の声だ」と彼を崇め称える中(20-22節)、虫に食われて突然の変死を遂げた。
聖書はそれを「主の使いがヘロデを打った。ヘロデが神に栄光を帰さなかったからである」と述べている。

暴虐武人な指導者の高ぶりと、その非道な行為は、必ず神によってさばかれる。
だが悪しき為政者による暴挙は、歴史上何度も繰り返されてきたし、また今日もそれは存在する。
ヘロデを打ったように、神はいつでも、何を用いても、一瞬で事を成すことができるはずである。私たちはただ、神の時を待っている。

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.