金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

251〜300

御言葉メール251

投稿日:

御言葉メール251
2007年1月20日
「聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です。」と言うことはできません。」(Ⅰコリント12の3)
今週から祈祷会で使徒信条を学び始めました。いつも夕礼拝で告白していますが、その告白を学んでみると、改めて今日的意味を持っていることを実感します。その始まりは「私は・・・を信じます。」と言う高らかな告白、宣言とも言うべき言葉で始まります。
この信条のもととなった告白は、古ローマ信条といわれるもので二世紀まで遡ることができるそうです。二世紀のローマといえば、キリスト教に対する迫害が激しく、文字通り命がけだったわけです。その激しい弾圧の中では、信仰を文字にして残せませんでした。また皆が字を読めたわけではなかったことでしょう。彼らは、自分の信仰を言葉で告白して自分の心に深く留めたのです。それは、信仰の最終確認として、受浸式の際に告白されたようです。
人がどうであるかではなく、今キリストに従おうとしている私は、どう信じているのか、という命がけの告白だったのです。それが「私は」という言葉で告白され、証され、伝えられ、広められていったのです。このような時代にされた告白に感動を覚えるのです。

カテゴリー

-251〜300

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.