金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

251〜300

御言葉メール255

投稿日:

御言葉メール255
2007年2月3日
「地震のあとに火があったが、火の中にも主はおられなかった。火のあとに、かすかな細い声があった。」(Ⅰ列王19の12)
エリヤは、バアルの祭司たちとの戦いに完全な勝利をしました。しかしその後彼は、アハブ王の仕返しを恐れ、慌てふためいて神に訴えた時、静けさの中に神のみ声を聞いたのです。エリヤと同じように私たちも、静かに神の前に沈黙するのでなければ、神のみ声を聞くことはできません。
この世の騒がしさと、魂の不安が付きまとう時こそ、神の前に沈黙が必要です。静まる時間が必要です。もし、神の前に静まれないならば、どこか私たちのうちに間違っているところがあるのです。神の光に照らし出されることを好まない、隠され、処理されていない罪があるのです。神の導きに従って歩もうとしない何かが存在します。そのような状態でも、仕事をしている時、神の前に静けさを求めましょう。
たとえ周囲が騒々しくても、非常な努力を必要とする仕事についていても、神のみ前に静けさを保つことが必要です。また、この世の成功による賞賛、名誉、尊敬、信頼、影響力、勢力を手にしても、魂に平安を得るために、主の前における静けさが必要です。

カテゴリー

-251〜300

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.