金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

301〜350

御言葉メール304

投稿日:

御言葉メール304
2007年7月25日
「目の見えぬパリサイ人たち。まず、杯の内側をきよめなさい。そうすれば、外側もきよくなります。」(マタイ23の26)
この世には「万事につけてそつがない」という人がおります。彼らは、あらゆる状況・場面において一見正しく判断して、振舞いや言動に何の落ち度も無い様に見せます。しかしイエスは、その様な立派に見えるパリサイ人的な人物よりも、自分の弱さや罪深さ、そこからウツのような症状に陥って苦しみ、根本的な解釈を求めている人に関心を寄せます。
何故ならイエスは、とってつけたようにマニアル通りに振る舞ったからといってその悩みや苦しみから、本当の解決を得る事ができない事をよくご存知だったからではないでしょうか。最近、介護施設で働く人たちや家庭で介護に携わる人たちの精神的な疲労や事件について取り上げられています。その時にほとんどの方々が、「キチンとし適切なマニアルがない事が問題だ」といいます。
マニアル通りにしばらくの間はできますが、しばらくするとそのマニアルがほとんど正しく運用されません。何故なら、マニアルでは、人の心は扱えないからです。そこで私は、先ず私の内側を変えて下さるイエスに期待します。

カテゴリー

-301〜350

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.