金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

301〜350

御言葉メール322

投稿日:

御言葉メール322
「たぶん、主は私の心をご覧になり、主は、きょうの彼ののろいに代えて、私にしあわせを報いてくださるだろう。」(Ⅱサムエル16の12)
この言葉は、ダビデがシムイ(ダビデの命を狙っていたサウル王の一族に属する者)から呪いに満ちた言葉を投げかけられた時に、側近のアビシャイに語った言葉です。シムイの言葉は、この時のダビデには「泣きっ面に蜂」状態でした。
彼は、自分の息子に追われ、同族からも見捨てられた時でした。アビシャイは、我慢できずに「行って、あの首をはねさせてください。」と言うのでした。しかし「これは私のことで、あなたがたには、かかわりのないことだ」と、その呪いの言葉をダビデは受け入れたのです。私たちは、その非難中傷が当たっていてもいなくても受け入れられません。しかしダビデは、一人でも見方が欲しい時に、自分を呪う者をそのままにさせたのです。
そうさせたのは、神が必ず報いてくださるお方だと信じたからです。神を信じることは本当に幸いです。人を嫉み、うらみ、悪口を言わなくてすむのですから。人を非難する心と言葉は、他の人だけでなく、自分の霊と心をも苦しめるだけです。そこに光はありません。

カテゴリー

-301〜350

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.