金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1024

投稿日:

御言葉メール1024

2020年5月2日(記:辻嵐桂子)

だれでも誘惑されているとき、神に誘惑されていると言ってはいけません。ー(中略)ー人が誘惑にあうのは、それぞれ自分の欲に引かれ、誘われるからです。(ヤコブの手紙1章13-14節)

ヤコブはこれまで、試練について述べてきた。
試練は私たちにとって辛いものであるが、神は、それによって私たちを信仰者として成長させ完成に導かれる。そして、忍耐の先にはいのちの冠が約束されている(12節)。

しかしここで、話題が誘惑へと転じる。
面白いことに試練と誘惑は、同じギリシャ語の単語で表されている。
確かに、人は試練に遭うと、同時に誘惑を受けるのかもしれない。私たちはしばしば試される。

だが神は、決して私たちを悪に誘惑されることはない。私たちは自分自身の欲に引かれ、誘惑されるのである。
もちろんその背後には、根源的究極的誘惑者であるサタンの存在がある。
だが私たちは、自分自身の内面に、常に罪に傾く性向があることを覚え、抵抗しなければならない。
ヤコブはすかさず「欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生む」と述べ(15節)、私たちに警鐘を鳴らす。

私たちは今、信仰と忍耐を試されているのかもしれない。
試練と困惑の中で、誘惑が機会を得ることがないよう、本当に祈らされるし、何に心を向け、行動すべきか、考えさせられている。

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.