金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1042

投稿日:

御言葉メール1042

2020年9月5日(記:辻嵐桂子)


もしあなたがたの心の中に、苦々しいねたみや利己的な思いがあるなら、自慢したり、心理に逆らって偽ったりするのはやめなさい。(ヤコブの手紙3章14節)


ヤコブは先に、ことばで犯す過ちと、舌を制することの難しさについて語ってきた。
それは私たちの内にあるものが、舌を通じて表にあらわれるからである。

ヤコブはねたみと利己的な思いとをここで具体的にあげている。
それらは肉的で悪魔的なものであり(15節)、秩序の乱れとあらゆる邪悪な行いを生み出す(16節)と述べている。

実際にこの手紙が書かれた時、手紙を受け取ったクリスチャンたちの間には、戦いや争いがあったようである(4章1節参照)。
それは、暴力的な争いというよりも、互いに自分が正しいと主張する言葉による論争であったのだろう。
もちろん、ある事柄について徹底的に議論することが、すべてが悪いわけではないし、時には必要である。
だがそれが、ねたみや利己的な思いによって過熱するなら、建設的でないし、秩序を乱すものとなるのである。

これは、誰もが陥ることのある状況である。
私たちは、心の内にあるものをよくわきまえ、謙虚になることが必要である。
争いを生むのではなく、平和をつくる者となりたい(3章18節参照)。

 

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.