金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1050

投稿日:

御言葉メール1050

2020年10月31日

節操のない者たち。世を愛することは神に敵対することだと分からないのですか。世の友となりたいと思う者はだれでも、自分を神の敵としているのです。(ヤコブの手紙4章4節)


上記のような御言葉を見ると、私はドキリとしてしまう。
この世に生きる以上、世間から受け入れられたいし、評価も得たい。できるなら世の中の役に立ちたいし、クリスチャンでない友人とも良い関係を築きたい。
それが世を愛し、神に敵対することになるのだろうか?

この箇所でヤコブは、欲望を制御できず互争うクリスチャンたちに対して節操(貞操)のない者たちと呼びかける(4章1節参照)。
これは、神を捨てほかの偶像の神々を慕うイスラエルの民を、不貞の妻にたとえる旧約聖書の思想に基づいている。

ここでいう世を愛するとは、地上のもの、肉的で悪魔的なもの(すなわちねたみや利己的な思い)から来る振る舞いを指すようである(3章14-16節参照)。

ヤコブの言葉は辛辣である。そして、自分の内にもまた世を愛する思い、神に敵対する思いがあることは否めない。

だが、神の敵にはなりたくない。制御なく欲望のままには行動したくない。
いつでも神への愛が、自分の言動の源となったなら、そう切に願うのである。

 

 

 

 

 

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.