金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1053

投稿日:

御言葉メール1053

2020年11月22日


「あなたがたはキリストのからだであって、一人ひとりはその部分です。」第1コリント12の27

2020年もコロナ禍にあって絆が叫ばれました。しかしその反対に、「自分ファ―スト」がまかり通り、分断が加速しました。自分ファ―ストに現わされる自分中心の生き方は人間本来の姿です。しかしそれでは人間は生きれない、と知ることができるのも人間です。神の像に造られた人間は、絆や一致を求めながらもそれができない、という呻きがあるのです。


パウロは、人はそれぞれ神によって与えられたものが、全く違うと言います。その違いを認めることができないために、人は争いをくり返し分断の裂け目が大きくなる。


パウロはキリストの教会は全くその逆で、キリストを頭としたキリストのからだが、教会に連なる一人一人だというのです。つまりパウロはキリストの教会を人間の体にたとえる。ある人は目、ある人は手、ある人は口。これらがばらばらに行動するなどあり得ない事。この世にこれだけ一体を表すたとえはないだろうと思われます。


罪は自己中心を生み出し、他者のために生きれない。しかしその人間を変えて、他者のために生きる様にさせてくださるのが、神であります。私は罪を持ちながらも赦し、変えてくださる神に期待できるところに絆は生まれる、と信じさせていただける事に尽きない感謝を持つ者です。

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.