金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1096

投稿日:

御言葉メール1096

2021年9月25日

「実が熟すと、すぐに鎌を入れます。収穫の時が来たからです。」(マルコの福音書4章29節)

これは、一連の神の国のたとえの中で語られた御言葉である。
福音は種にたとえられ、人手によって蒔かれるが、苗を成長させ、実を結ばせるのは神のわざである(26-28節)。

そして実が熟すと、すなわち時が来れば、速やかに刈り入れが行われる。これは、神のさばきが、最後に確実に行われることを意味している。
農夫が収穫しないことがあり得ないように、神も、この世界を放置することはあり得ないのである。

私は、聖書に書かれていることはすべて真実だと信じている。
イエス・キリストの福音が、人類に与えられた唯一の救いの道であることを信じている。

だけど信じない人、違った価値観を持つ人たちに、福音はどうしても必要だと言い切れるのかと、迷うことがある。
そして、多くの場面で、福音を語ることを躊躇するのである。
私は心のどこかで、神のさばきがいつまでもいつまでも延ばされることを願っている。
だが実が熟せば(すなわち定められた時が来れば)、速やかに行われるのである。

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.