金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1114

投稿日:

御言葉メール1114

「人はみな草のよう。その栄えはみな野の花のようだ。主の息吹がその上に吹くと、草はしおれ、花は散る。まことに民は草だ。草はしおれ、花は散る。しかし、私たちの神のことばは永遠に立つ。」(イザヤ書40章6-8節)

イザヤが預言者として活動した時代、イスラエルは北王国と南王国に分裂していたが、ヒゼキヤの治世(BC 722年)北イスラエルは大国アッシリアによって滅ぼされてしまう。南王国ユダはなんとかその危機を脱するが、次に台頭するバビロンがユダの脅威となる。
アッシリアを滅ぼしたバビロンは、ユダにも侵攻し首都エルサレムを壊滅させ(BC 586年)、預言の通りユダの民は捕囚となった。
イザヤは先んじてバビロンからの解放、ユダの民の帰還、またエルサレムの神殿の再建を預言している(イザヤ44:28)。ペルシャの王キュロスがバビロンを倒し、ユダの民を解放することとなる(BC 538年)。それはイザヤが語ってから200年近く経った後に実現した。

ペルシャ、ギリシャ、ローマ…。国々の興亡は現代に至るまで繰り返されている。
どんなに栄えても、強く大きな国であっても、永遠に存在する国などない。
どんなに科学が発展し、技術が進歩しても、また多くのものを所有し、多くのことを為し遂げたとしても、人は人であって神にはなれない。あえて言うが、神にはなれないのである。
上記の御言葉は、21世紀の今も、私たちにただひとつの真理を伝えている。私たちが目にしている栄華とはそのようなものなのだ。

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.