金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1118

投稿日:

御言葉メール1118

2022年3月9日

「今、わたしは彼のうちに霊を置く。彼は、あるうわさを聞いて、自分の国に引き揚げる。わたしはその国で彼を剣で倒す。」(イザヤ書37章7節)

これは紀元前701年、アッシリア軍がユダに侵攻しエルサレムを包囲、陥落寸前まで追い込まれた時に、預言者イザヤがヒゼキヤ王に送った言葉である。
この言葉は直ちに成就し(8、37-38節)、またアッシリア軍は神の超自然的介入によって殲滅され(36節)、ユダはとりあえず危機を脱した。

聖書に見る戦争は、特に神の民イスラエルが中心で、その勝利も敗北も、すべて神の御手のうちにあり、意味があった。
私たちは聖書の御言葉を通して、圧倒的な神の主権と力を見る。

現代の戦争はどうなのか。侵攻され、破壊されている国の様子が連日テレビやSNS で報じられている。多くの人が不当に踏みにじられているのを見る。あの町にも神の民(神を信じる人たち)がいるのではないのか。
神は何でも用いることができるのではないか。王の心をも動かすことができるのではないか。なぜ、なおも暴挙を許しておられるのか。

戦火の火の粉は私たちの身にも降りかかるだろう。神は全てを支配する。
私たちはどうやって神の栄光を見る、また、神の栄光をあらわすのだろうか?

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.