金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 20

投稿日:

御言葉メール 20
2004年10月9日分
「ほむべきかな。日々、私たちのために、重荷をになわれる主。
私たちの救いであられる神。神は私達にとって救いの神。」(詩篇68の19,20)
今年の暑い夏は、シャワーで汗を流していましたが、少し秋風が立つようになると、お風呂にゆっくり入りたくなります。
夏の間、お風呂掃除を怠けていたのでずいぶんカビが目立つようになり、ゆっくり湯舟につかるためには掃除が必要でした。「今日はしなくちゃ」「明日こそ」と思いながら一週間が過ぎました。なるべくおふろの汚れを見ないようにしていましたが、そのうち、のどに刺さった小さな骨のように、「今日もできなかった」という思いがストレスになっていくのがわかりました。
その時、「そうだ、お祈りしよう」と、ようやく神様に助けを求めることを思いだしました。お風呂掃除をさせてくださるように、祈って眠りにつき、そして翌日、心も軽くお風呂掃除ができた時、本当に神様に感謝をささげることができました。
神様は、生活のどんなささいな事でも生死にかかわる事においても、助けを必要とする者を拒んだり、バカにしたり見捨てたりされるお方ではありません。私達の罪を赦し聖めてくださるお方は、日々の私達のあらゆる思い煩い、労苦をご自分が負ってくださり、私たちをその疲れから解放してくださいます。
それは、私たちの心ではつくりだせない感謝の思いを、泉のようにわきださせてくれるのです。「ほむべきかな、主よ。」と。

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.