金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

101〜150

御言葉メール131

投稿日:

御言葉メール131
2005年11月2日
「ご自分によって神に近ずく人々を、完全に救うことがおできになります。キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。」(ヘブル7の24)
私はゴミ出しが好きです。厳密には週2回のゴミステーションまでのゴミ出しは、主人が、多分、不本意ながらしてくれています。私が好きなのは、一つ一つの部屋のゴミというゴミを集めて、家の外にゴソッと出してしまう事なのです。
その時の気分は、家の中はこれで完全に捨てるべきものを捨ててサッパリした、という爽快感です。この爽快感を味わう度に、私の内側からも、嫌な思いや悲しみが完全に捨てられたら、どんなに楽かなと思います。しかしゴミは捨てれても、自分の罪は自分で処理する事ができません。他の人にはわからなくても自分だけはわかる、わがままや自分勝手さ、悲しみや疲れ・・それらは日毎に繰り返します。
しかしキリストは次から次と沸いてくる罪、弱さをすでに完全に赦し、生きて私たちのために、とりなして下さっています。自分の罪深さを意識しながらも、なお赦されていることの幸いを感謝できる身分として下さいました。ゴミ出しは何度もしなければなりませんが、イエス様の十字架の赦しと守りは一回だけの完全な救いです。どんなひどい状態でも完全に救われているので私は神に期待できます。

カテゴリー

-101〜150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.