金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

101〜150

御言葉メール134

投稿日:

御言葉メール134
2005年11月12日
「ある人たちの罪は、それがさばきを受ける前から、だれの目にも明らかですが、ある人たちの罪は、あとで明らかになります。同じように、良い行いは、だれの目にも明らかですが、そうでないばあいでも、いつまでも隠れたままでいることはありません。」(第1テモテ5の24,25)
私たちは誤解されたのではないかと考える時があります。自分の考えている事よりも悪く受け取られたのではないかと、確信はないけれど不安になるのです。
その様な時、何よりも先ず前に私は上記のみことばに心を留めるようにしています。神さまが全ての事を御存知で、善いことも悪い事も明らかにして下さる事に確信を持てるようにしてくださるでしょう。その平安の中で、誤解されたと思う事が、自分の言葉の過不足の問題なのか、動機の問題なのか、話し方の問題なのか、自分にはどうする事もできない相手の問題なのかがはっきり見えてきます。
それは悔い改めに導く事もあるでしょう。更に私は、全ての事を御存知の神さまが、具体的な問題での自分の本当の思いを、必ず明らかにして下さることを確信させられ、神の時を待つことを教えられます。ここには平安があります。どうか、誤解されたと思う事が自分を追い詰めるほどの悩みになりませんように。みことばの真実はあなたを救い出し平安を与えます。

カテゴリー

-101〜150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.