金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

201~250

御言葉メール248

投稿日:

御言葉メール248
2007年1月10日
「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。(エレミヤ2の35)
普通、この世においては、「私は罪を犯しました」と言う人が裁かれます。そのために自白と言う事が重要になってきます。しかし聖書の神様は、イスラエルが明らかに罪を犯しながらも、「私は罪を犯さなかった」というので裁く、と言われます。これは反対に言えば、罪を犯しました、赦してください、といえば裁かれないということです。
人間社会では自分の罪を認めた時に罪が確定します。しかし人の心を見ることのできる神様は、自分の罪を心から悔い改める時に、赦す神です。人の前にはごまかす事ができても、神様はごまかすことができません。神様はご存知なのです。はっきりと罪を告白し、赦しを請い、赦されたと確信する事がどんなに平安で、人を恐れない生き方ができるかを。
本来は罪を犯した者が受けるべき刑罰の十字架を、イエス様が代わりに受けてくださいました。罪を持ち、罪を犯さないでは生きていけない私達のために、その罪と刑罰を全く帳消しにするためです。どうか私達が安心して、「罪人の私を赦してください」と告白できますように。

カテゴリー

-201~250

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.