金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

251〜300

御言葉メール299

投稿日:

御言葉メール299
2007年7月7日
「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとするところは、労苦とわざわいです。それは早く過ぎ去り、私たちも飛び去るのです。」(詩篇90の10〉
最近、92歳の主人の父が危篤状態になりました。今は何とか持ちなおして、家での生活を続けていますが、少しづつ、自分の事や家人から言われた事ができなくなっています。
そうすると「おらあ、ダメだなあ」と、自分を責めたり自分の頭を叩いたりします。義母は88歳ですが、少しづつ痴呆状態はでているものの、これから先どうなるかという不安を口にします。多くの苦労を通ってきて人生が終わろうとする時、自分を責めたり、考えると不安がでてくる状態でいるというのは、私の目から見るとなんとも切なく思われます。
詩篇の作者は、人間は生きても70、80年、花のようにしおれて枯れる、といいます。しかし神様は永遠から永遠まで神として存在されている。労苦と災いの人生であっても、永遠なる神によって生かされていると知る時、死んでから始まるいのちがある事を教えられます。地上で罪を赦される神によって、永遠のいのちが与えられる。この希望に両親も支えられる様にと祈っています。

カテゴリー

-251〜300

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.