金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

301〜350

御言葉メール330

投稿日:

御言葉メール330
2007年10月24日
「自分を愛する者を愛したからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。罪人たちでさえ、自分を愛する者を愛しています。」(ルカ6の32)
今週日曜日の昼食時に私の娘が発作に見舞われた。私にとっては、いつものことなので特別なことではありません。しかし共にいた教会の兄姉に大変驚かれたことと思う。そして娘の痛みや苦しみを共有することより「皆、戸惑っただろう。迷惑をかけてしまった。」という思いが先にたってしまっていた。
その時、一人の姉妹が、あの重い娘を抱えて起こしてくれたのです。それだけでなく、別室に連れて行って、本当に長い時間、娘の肩を抱いて、涙を流して付き添い、背中をさすってくれていたのです。私には、本当に長い時間に思えました。そのように心を注いで、その苦しみを共にして下さろうとしている姉妹を見て、心の中でこの姉妹を娘の傍において下さった神様とその姉妹に感謝がつきませんでした。
皆が、遠巻きにしたくなるような状況でした。しかし、そんな中でも教会の兄姉たちは、その娘と私達夫婦に声をかけて案じてくれたのです。そして娘の発作が治まった後、普段の時間が流れたのです。ハレルヤ!

カテゴリー

-301〜350

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.