金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

301〜350

御言葉メール338

投稿日:

御言葉メール338
2007年11月21日
「人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、『兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか。』と言った。」(使徒2の37)
この人々の反応は、聖霊の内住を受けたペテロの説教を、自分に語られた神の言葉として聞いた結果口から出た言葉なのです。彼らは、ペテロの悔い改めの勧めを受け入れ、バプテスマを受けて教会に加わりました。
このような人たちが、教会に加わったのです。ですから、教会員とは、自分の罪を認めている人たちだと言うことですね。教会とは、人の罪を指摘し、裁く資格を持っている正しい人たちの集まりではないのです。つまり、自分たちをアピールできる場所、自己主張の場ではないのです。そして教会に集う人たちとは、罪を自覚しただけでなく、その罪を悔い改めて、神を信じ、告白することを認めた人たちということですね。
そしてそれを喜び、そうすることによって、その中に幸福を見出したのです。そして彼らは、毎日集まっていた、とあります。では、何をする為に集まっていたのでしょうか。それは、「楽しみ」や「面白さ」を求めて集まったのではないのです。彼らは、神を崇め褒め称える為に集まったのです。

カテゴリー

-301〜350

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.