金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

501〜550

御言葉メール518

投稿日:

御言葉メール518
2010年1月9日
「雲が天幕を離れて上ると、すぐそのあとで、イスラエル人はいつも旅立った。そして、雲がとどまるその場所で、イスラエル人は宿営していた。」(民数 9の17)
私たちの生活は、先のことを予測し、計画を立て、それを実行するという歩みです。しかし、時としてその様な計画が全く通用しない場面や予測しなかった出来事に遭遇します。そこで戸惑い、うろたえます。私は全く想像だにしなかった心筋梗塞と病を得て急遽、入院しなければならなくなりました。
しかも、クリスマスを前にしてです。病よりもその方が気になり、うろたえ戸惑いました。そして主に「どうして今なのですか。」問いました。何もありません。手術、集中治療室、二人部屋、4人部屋へと移動しました。それは私の意志や願いなど全く関係なく、私自身の行動が決められます。イスラエルにとっても全く予測不可能な未知の世界への旅立ちでした。
それ故、彼らは神が雲の柱を持って導かれるままに従いました。ただ主への不信仰に陥らない事が大切でした。神は必ず、後にその理由を教えて下さるのですから。ですから、今与えられたところで主を喜ぶ者でありたい。

カテゴリー

-501〜550

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.