金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

501〜550

御言葉メール531

投稿日:

御言葉メール531
2010年5月22日
「やめなさい。私は、あなたや、あなたの兄弟である預言者たちや、この書のことばを堅く守る人々と同じしもべです。神を拝みなさい。」(黙示録22の8)
多くの宗教には、その宗教を始めたとされる教祖がいます。多くの場合、その教祖は崇められ神格化される事で、その宗教が組織化されていきます。しかしこれは宗教に限らず、人を崇拝することで、自分もその恩恵を受けたい、また自分も同じようになれるのではないか、と考えたりしないでしょうか。
まことの神を知らない罪は、結局、人でも物でも自分でも、簡単に神にしてしまうのでしょう。人は自分が悪い評価を受けたり、自分がないがしろにされた、と思った時、悔しさや怒りが出てきます。この事は、自分を評価して欲しい(人よりも高く)という表れです。
神の御名が崇められる様に、という思いとは程遠い。ヨハネはこれから起こる事を示してくれた御使いを拝もうとした時、「やめなさい・・・神を拝みなさい」と、きっぱりと拒否されます。自分は被造物に過ぎない、という立ち位置にしっかりと立つ時、自分を神とする誘惑から、あの御使いの様に守られるのではないでしょうか。

カテゴリー

-501〜550

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.