金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

701-750

御言葉メール749

投稿日:

御言葉メール749

2014年10月11日(記:マハー満枝)

「モーセが手を上げているときは、イスラエルが優勢になり、.....」出エジ17:11
(出エジ17:8-16より)

アマレクとの戦いの後、モーセは祭壇を築き、それを「アドナイ•ニシ」と呼びました。それは「主はわが旗」(=The Lord Is My Banner)という意味です。この言葉が以前ずっと理解できませんでした。でも、テレビで時代劇などを見ると、戦いの時にそれぞれのグループが自分達の旗をたくさん掲げながら戦っているのに気がつきます。我は徳川、我は豊臣、等々。そのようなものをイメージしたら近いのではないでしょうか。

モーセが神の杖を持った手を上げた時、イスラエルが優勢になったというのは、その時に何か魔術的な力が働いたというのではなく、全知全能のヤハウェなる神を自分の軍の将として掲げ、その力を仰ぐ時、神様はその力を余すところなく示し、ご自分の民を助けて下さる、という事を教えたかったのではないでしょうか。

私たちも、困難に出会う時、どうしていいかわからない時、神の旗を高く掲げましょう。自分の旗ではなく、世の旗ではなく、他の誰かの旗でもなく、「神様、私はあなたに属する者です。」と告白し、神様に全てをお委ねして。

カテゴリー

-701-750

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.