金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1119

投稿日:

御言葉メール1119

2022年3月20日

「しかしサムエルはサウルのことで悲しんだ。主も、サウルをイスラエルの王としたことを悔やまれた。」第一サムエル15の35

サムエルの悲しみ、辛さ、葛藤は、キリスト者が祈りにおいて経験することに、似ているのではないでしょうか。自分と人の為に祈る、そこで、何故ですか、と問う葛藤に似ている様に思われるのです。

神はサウルを王位から退けられた。その神に対してサムエルは、サウルを選ばれたのは神ではないか、それなのにサウルに対して神はあまりにも厳しくはないか。サウルも神によって王となったのに、何故神の言葉に従うという重要性がわからないのか。サムエルは、神のサウルに対するお取扱いに葛藤を持ちながら悲しみます。

しかしその時、実は神も共に悲しまれていることを聖書は伝えます。「悔やまれた」という表現の中に、神のみこころに従い得ない、人間の弱さに対する神の悲しみが表されているといわれます。

サウルの悲しみ、サムエルの痛みの中で、神もまた苦しまれる。

それは十字架上のイエス・キリストにおいて、完全に知る事のできる神の姿です。このキリストの執り成しにより、葛藤や辛さの中にも、キリスト者は神に祈る力をいただけるのでしょう。

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.