金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1128

投稿日:

御言葉メール1128

2022年5月21日

「まことに、あなたがたに言います。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、それも最も小さい者たちの一人にしたことは、わたしにしたのです。」(マタイの福音書25章40節)

空腹の者に食べ物を与え、渇く者に飲ませ、旅人に宿を貸し、裸の者に服を着せ、病人を見舞い、牢にいる者を訪ねる(35-36節)。
これらの善行は決して救いの条件ではない。
しかし主は、このように行う者たちに天の御国を受け継ぐように(34節)、そうでない者たちには永遠の刑罰に入るようにと言われる(41、46節)。

神によって救われた者は主を愛し、主によって愛されている兄弟(隣人)をも愛する。そして、愛は行動によって表わされる(ヤコブの手紙2章15-16節)。
すなわち、善行は救いの条件ではないものの、私たちが神の国にふさわしいものであることを証しするものなのである。

そして上記の御言葉にあるように、私たちが最も小さい者たちの一人、すなわち地位も立場も関係なく、ただ困窮している人を顧み、必要とするものを与えるなら、それは主ご自身に対して行ったのだと言われる。
もし身近に困窮している人がいるなら、また孤独を感じていたり悩んでいる人がいるなら、それは自分にとってとるに足りないことではなく、その小さい者の一人に目を向け、主ご自身に対するのと同じようにその人を重んじ、必要に気付くことができるようにと、祈らされるのである。

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.