金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 26

投稿日:

御言葉メール 26
2004年10月30日
「わたしは光を造り出し、やみを創造し、平和を作り、わざわいを創造する。わたしは主、これらすべてを造る者。」(イザヤ45の7)
小学時代から中学生にかけての2人の子どもの発病は、私の心の奥深くに「神様、なぜですか」という、どこまでも暗い穴に落ち込んでいく様な疑いで、私を打ちのめしました。
心の奥深くというのは、日々の生活は聖書からの慰めに満ちた価値観で、確かに支えられていたからです。即ち、神のなさる事は理由はわからないが、全て善であり意味があるという事。しかし私の深いところにおいて「それはよく分かっている、それでもなお何故、神は子どもにこのような病気を与えられたのか」という呻きは消し去れなかったのです。
その思いは私を聖書に駆り立てました。ひたすら通読する中で、冒頭のイザヤ書のことばに「そうだったのか」という、深い満たされた思いをもちました。神は平和を創造されるが、同時に災いを造られる方なのだ
2人の子どもの病も神によって与えられたのであるなら、それは最善なのだーしかし何故子ども達がそういう病気を負わなければならないかは、依然として不明ですが、ただ私は本当に満足していました。子どもの病気を通して神に向かった時、神様はご自分がどういう方であるかを示して下さったからです。
どんな問題でも真摯に、人ではなく神に向かうなら、神様はご自分を示し、この上ない恵みで満たそうと待っておられるのです。

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.