金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール998

投稿日:

御言葉メール998

2019年10月21日(記:辻嵐桂子)

主はモーセに答えられた。この主の手が短いと言うのか。わたしのことばが実現するかどうかは、今にわかる。(民数記11章23節)

神の供給に満足せず、欲望にかられ泣きわめくイスラエルの民と(4-6節)、神の怒り(10節)の板挟みに耐えかねたモーセの訴えに(11-15節)、神は二つの解決策を提示する。
ひとつは、七十人の長老に神の霊を置きモーセの働きを共に負うこと(16-17節)、もうひとつは、民の欲望を満たし、彼らが求める肉を一か月飽きるまで食べさせる(18-20節)ということであった。
そんなことがどうして可能かと嘆くモーセに、神は答えられた。上記の御言葉である。

荒野の旅はイスラエルにとって、神の教育期間でもあったので、神によって語られた言葉は速やかに実行され、また、不信に対するさばきも、直ちに下された。

だが私たちは必ずしもそうではない。
祈ってもすぐに状況が改善されない時もある。
目の前の状況が絶望的に思える時、私たちもモーセと同じように嘆き、わめきたてるかもしれない。
それでも、神の手が届かないのではない。
御言葉を通して御自身を啓示された全能の神に、期待できる私たちクリスチャンは幸いである。
私たちに平安を約束された神は、試練とともに脱出の道を備えてくださるとも約束された(第一コリント10章13節参照)。
今、苦難の中にある方に、救いと慰めがありますように。

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.