金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1108

投稿日:

御言葉メール1108

2021年12月18日


「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。私たちはその方の星が昇るのを見たので、礼拝するために来ました。」(マタイの福音書2章2節)


イエス・キリストの誕生の際、東方の博士たちが贈り物を携えやって来た話は有名である。
しかしこの時代、ローマ帝国に支配され傀儡政権下にあったユダヤの王の誕生に、外国から遥々謁見に来るのは非常に不自然で、不可解なことである。
一説に東方とは、かつてのバビロンやペルシャを指し、そこはかつてユダヤ人の捕囚の地であったため、旧約聖書の断片や、メシアに関する文献が残されていたのではないかと言われる。

博士たちは異邦人であり、聖書の神についての知識も信仰も不十分であったかもしれない。それでも、救い主にお逢いし礼拝したいという彼らの真摯な思いに、神は不思議な天体を用いて彼らを救い主のもとに導かれた。

旧約聖書には、将来訪れるメシアの王国について、異邦人たちが主を礼拝するために訪れると預言されているが、博士たちの礼拝は、預言の成就の先駆けと言える。

今日、世界中でクリスマスが祝われている。異邦人であった私たちが、イエス・キリストを信じ、神の民として救い主を礼拝することができるのは、この上ない喜びである。

 

 

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.