金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1117

投稿日:

御言葉メール1117

2022年3月2日

「私は罪を犯しました。兵たちを恐れて、彼らの声に聞き従い、主の命令と、あなたのことばに背いたからです。」第1サムエル15の24

イスラエルがアマレクと戦った時の神様の命令は、すべての人、物を聖絶することでした。ところがサウル王と兵士は、小羊や牛の最も善いものを、神にいけにえを捧げる、という理由で残しておいたのです。サムエルは、いけにえを捧げること以上に、神のことばに聞き従うことこそ大事である、あなたが主のことばを退けたので、主もあなたを王位から退けた、と告げます。

その時にサウル王がサムエルに話した事が上記のことばです。一見、悔い改めの様にみえます。しかし次にサウルは「私は罪を犯しました。しかし、どうか今は、私の民の長老とイスラエルとの前で私を立ててください。」と言うのです。神のことばに従わなかった事は悪かったが、民の前での面子は立てて欲しい。

聖絶に現わされた神は、サウルの少しの罪も暴かれる。しかしまた聖絶に現わされた神は十字架の神であります。一点も見逃さなかった罪を、十字架で完全に裁かれ、完全に赦す神です。この神がサウルを取り扱われている事を、残念ながらサウルは信じれなかった。サウルのこれからの歩みがそれを教えるのではないでしょうか。

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.