金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1131

投稿日:

御言葉メール1131

2022年6月15日

「おまえたちのだれも、私のことを思って心を痛めることをせず、」第一サムエル22の8

冒頭のサウル王のことばは、自分の家来に向けて語られた言葉です。人間は誰しもこの様に叫ぶ思いを持っているかもしれません。ただサウルの場合は、素直な叫びだけでなく、お前たちは誰のおかげで生きているのか、という豪語と結び付いています。私がお前達を支えている、という傲慢と同時に、私のことを誰も思ってくれないという、どうしようもない孤独の間で、もろいが故に、突っ張って生きるしかないサウルの姿が浮き彫りになります。問題は、その葛藤の中でサウルは神に呼び求める事をしていなかった、ということではないでしょうか。神を知れば知るほど葛藤は大きくなります。それがますます神を求める様になるか、またはその時の衝動で腹立ちまぎれに行動する様に思われます。サウルが後者の態度をとった時、それは悲惨な結果を招きました。ダビデがサウルから逃れて、祭司アヒメレクのところで、食べるものと武器を貰った、という事が密告された時、サウルは、アヒメレクを始めとして全祭司を虐殺するのです。どの様な心の葛藤があっても、その解決を人に求めるか神に求めるかで、その歩みは全く変わってくる事を教えらるのではないでしょうか。

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.