金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

201~250

御言葉メール226

投稿日:

御言葉メール226
2006年10月25日
「あなたは自分の悪により頼み、『私を見るものはない。』と言う。あなたの知恵と知識、これがあなたを迷わせた。」(イザヤ47の10)
自分は知恵や知識があると思う時、実は迷っている状態だというのです。勿論、自分では迷っているなどと毛頭、考えているわけではありません。それどころか、自分の考え、経験に自信を持ち、自分と同じように考え行動しない人を批判し責める、という現れ方をします。
しかし実はその状態こそが迷っている状態だと、神は私達に教えられます。娘は私に、『お母さんは、何でも自分の言っている事が正しいと思っているんだから』と、激しく言ってくることがあります。確かに子供の言う事を非常に表面的に判断し、その思いを理解しないで、自分の経験や自分勝手な知識だけを
言い張るところが私はあるのです。
そういう時の知識は、決して神様を崇めるものではないな、とわかっています。わかっていても出来ない愚かさ。しかし神を崇める知恵や知識は、自分の判断、経験、考えを絶対視する事はないでしょう。絶対者なる神を常に念頭に置くからです。それはたとえ弱々しく、自信がない様に見えても迷うことの無い歩みです。

カテゴリー

-201~250

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.