金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

201~250

御言葉メール243

投稿日:

御言葉メール243
2006年12月23日
「見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現われる。」(イザヤ60の2)
クリスマスを前にして、私は実に不思議に、次から次へと私にとって不都合なこと、嫌な事ばかりが立て続けに起こる(進行形)。そして来週には、歯の治療をする(これもまた大掛かりで、かなり術後腫れるとのこと)という問題がある。
これなどは、自分の事だけだから、まだ気が楽である。しかし、他のこと(5件ほどある)は人に迷惑をかけ、また家計にも教会にも大きな失費を与える失態をしでかしてしまったのである。十分に注意をしていたはずであった。しかし、焦る私に起こることは、いつも嫌な結果ばかりである。かなり、自分の姿にうんざりして来た。そして最も大切な事をおろそかにし、後回ししているようで、更に焦りかなり疲れた。
そんな私に、信仰の先輩の姉妹から手紙が来た。その手紙は、衝撃的であった。姉妹は本当に多くの次から次とくる試練に、ただ主に期待し続けた(祈る)ことだけが述べられていた。私が輝くのではなく「主が輝く」ので、その光を発することができるだけだと教えられた。

カテゴリー

-201~250

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.